FC2ブログ

経験学習のススメ

経験学習デザイナー 阿部久美子のブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間が止まった瞬間

先日、入り身投げという技の稽古をしていた時のことです。
ほんの一瞬ですが、時間が止まったような感触がありました。家に戻ってからも、
そして今もその瞬間が何度も何度も超スローモーションで脳裏に再現されるのです。

受けを取ってくれたのは尊敬するH先生。
受け(技をかけられる人)と取り(技をかける人)のパワーが一瞬だけ合体したよ
うな不思議な感覚です。

合気道を始めた時に、ホントにシンプルに『気が合わさる』ってどんな感じだろう、
と思ったものでした。稽古を始めて3年半・・・
これが何だったのか良くわかりませんが、ともあれ天からの素晴らしい贈り物を
もらったような気がしました。
スポンサーサイト

状況からのフィードバック

今自分に起きていることは、自分が置かれている状況からのフィードバックだと
考えてみると、いろいろなことが紐とけるのではないでしょうか。

体調が思わしくないとか、イライラするとか、怒りがこみ上げてくるといった
ネガテイブな自覚症状は、そこに至るまでに自分が積み上げてきたプロセスの
結果からのフィードバックだと考えてみると、自分の世界は広がるのではないで
しょうか。

調子が良い、嬉しい、楽しい、気持ちが良いなどのポジテイブな自覚症状もしかり。

一カ月前には、自分の体調や体力の無さにめげていた私も、今はとても元気になり
ました。これも、やはり食生活の改善やストレスのない生活を送っていたことから
のポジテイブなフィードバックなのだと思います。フィードバックを受け止めたら、
次にすることは行動変容とその維持・継続です。これが出来るかどうかで、その人
の学び力の真価が問われるような気がします。
よ、よし! 頑張ろう・

ともあれ、改善したり努力したことのフィードバックはとても嬉しいけれど、ムリ・
ムダ・ムラからくるネガテイブなフィードバックはきついです。身を持ってそのこ
とを実感しました。

自分の中でおきているこのようなフィードバックシステムは、チームや組織にも
あるはずです。
組織の中で起こること、人材開発での悩みなどなど、ビジネスの世界にはまだまだ
学びを呼び込む余地が沢山ありそうです。

2年前を振り返る

東日本大震災から2年が経ちました。
昨日放送された政府主催の追悼式典では、被災3県の遺族代表の追悼の言葉が
ありましたが、彼らの真実の物語と再生への決意に、日本中の人が心を打たれた
のではないかと思います。
新聞には、こんな被災者の声ものっていました。
『一年目は無我夢中、二年目はもっと辛かった。三年目の今年こそ再スタートを
切らなくてはと思う』

この言葉を聞くと、『再』という字の重みを感じます。
再構築、再出発、再生、再設計、再開発・・・
書いてしまうと簡単そうに見えますが、どれもこれも生み出す以上の苦しみや
困難がありそうです。

テレビのニュースを見ながら、
『自分に今できること、今しかできないことを一生懸命やろう』と、2年前に心に
誓った時のことを思い出し、この2年間の自分を静かに振り返ってみました。

するとこんな問いが降ってきたのです。

  私にとっての『再』はなんだろう?

すぐに答えはでないけれど、少し考えてみましょう。

ソーラーライトな私

ある日、突然ソーラーライトが欲しくなりました。
庭の街燈には使っているものの、部屋の中で使えるものがあるのかどうか・・・
約2週間、ネットで調べまくってようやく決めたのがこれ。

私のオフィスの夜を照らします。

ソーラーライトシロ

夜の階段を照らします。

ピンクソーラーライト

夜中にこっそり起き出して、ちゃんと照らしているか見に行きました。
誰に頼まれたでもなく、スイッチを入れられたわけでもなく、誰かに褒められる
わけでもなく、それでも静かに闇夜を照らしています。
昼間の太陽で溜めたエネルギーで、おしみなく闇を照らす、なんて素敵なので
しょう。
ソーラーライトみたいな私になりたいなあ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。